​相談支援センター夢

指定障害児相談支援事業

​指定特定相談支援事業

障がい者(児)相談支援とは、

サービスを効率的に利用する為にマネジメントを行うサービスです。障がい児が障がい児通所支援(児童発達支援・放課後デイサービスなど)を利用する前に障がい児童支援利用計画を作成し(障害児支援利用援助)、通所支援開始後、一定期間ごとにモニタリングを行う(継続障がい児支援援助)等の支援を行います。

​障がい児支援利用援助

障がい児通所支援の利用申請手続きにおいて、障がい児の身心の状況や環境、障がい児または保護者の意向を踏まえて「障がい児支援利用計画案」の作成を行います。利用が決定した際は、サービス事業者との連絡調整、決定内容に基づく「障がい児支援利用計画」の作成を行います。

​対 象 者

​障がい児通所支援を利用する全ての障がい児

​継続障がい児支援利用援助

利用料・・・無料

利用している障がい児通所支援について、その内容が適切かどうか一定期間ごとにサービス等の検証を行い、「障がい児支援利用計画」の見直しを行います(モニタリング)。またモニタリングの結果に基づき、計画の変更申請などを勧奨します。

市区町村に申請手続きを行います。​

​利用の決定は市区町村が行います。

Copyright(C)2017 Corporation DREAM All RightsReserved.